冷えは大敵

関節の痛みに悩む皆様、体が冷えていませんか。痛みは一般に冷えると強くなると言われています。筋肉が緊張して、血管や神経を圧迫し、痛みが出やすくなるのです。

 

昨今は節電で、空調の気温も比較的高く設定されることが多いようですが、それでもききすぎの場所が多いのです。筆者は肘を守るために夏場でも長袖や、7分袖の上着を使っています。ストールなどもあると便利ですよ。

 

後はアームカバーやミテーヌと呼ばれる手袋の類も長いものは肘を守ってくれます。紫外線対策にもなりますので、夏場にはお勧めグッズです。

 

また、お若いお嬢様はおしゃれをなさいたいというお気持ちはわかりますが、あまり露出が激しい服は冷えに繋がってマイナスです。パジャマも長袖か、それに準じた袖の長さのものを選んだほうが空調をつけている時は冷えにくくなります。

 

また、冷たいものの摂り過ぎにならないように注意しましょう。ビールなどを夏は一気飲みしたくなりますが、確実に体が冷えるので、避けた方が無難です。イギリスなどではビールは5度、日本人がぬるいと感じる程度で飲む方が多いそうです。

 

さて、皆様きちんと湯船につかってお風呂に入っておいでですか。お風呂は体の冷えをとる1番身近な方法のひとつです。お塩やアロマオイル、お酒、牛乳、林檎、柚子などを入れると体が温まりますよ。

 

痛みが強くてまたは住宅事情で、湯船につかるのが難しい方は盥やバケツで足湯をなさるとよいでしょう。また、温泉が好きな方は、関節痛の湯治ができる温泉施設もあるのでお探しになるとよいでしょう。

冷えは大敵関連ページ

自宅でできるケア
今まで書いたとおり、関節痛は専門家と二人三脚で向き合っていくべき痛みです。
五十肩のホームケア
冒頭でも、書かせていただきましたが筆者の母は見事に五十肩です。腕が上がらないので背中も掻くことができません。
無理な運動は逆効果
我流で運動を激しくしてしまったら、さらに問題が起きることが目に見えています。
痛みと付き合うには
少しの工夫次第で、生活を楽にする事が出来ます。
環境の整え方
関節痛がある方にとっては室内のものを整除して、歩行やそのほかの行動をするスペースを確保するのは大事なことです。
家族ができること
寄り添って、一緒に関節痛を乗り越えていきましょう。