関節痛のセルフケアエントリー一覧

自宅でできるケア

今まで書いたとおり、関節痛は専門家と二人三脚で向き合っていくべき痛みです。しかし、痛みを抱える当事者やご家族、知己が痛みについて学んで、身近でできることを行なうことによって、生活の困難を打破することが可能であることを覚えておいてください。また、関節痛を防ぐための方法は今健康な方でも行えます。セルフメ...

続きを読む

五十肩のホームケア

冒頭でも、書かせていただきましたが筆者の母は見事に五十肩です。腕が上がらないので背中も掻くことができません。そこで筆者におよびがかかります。筆者は、先に書きました動作法と鍼灸をずっと受けていまして、先生方からホームケアの仕方を教わっているのです。本来施灸、マッサージは鍼灸師等資格保有者しか行えません...

続きを読む

無理な運動は逆効果

これは特に膝関節などの痛みを抱える方に多いのですが、運動をして肥満を解消をし、痛みを軽減しようとされる方がおいでです。また、関節痛を防ぐために、運動をしようという方も多いようですね。しかしながら、それは必ずしも正しいことではありません。「ストレッチをしましょう」で書いたとおり、筋肉量が増えれば痛みが...

続きを読む

冷えは大敵

関節の痛みに悩む皆様、体が冷えていませんか。痛みは一般に冷えると強くなると言われています。筋肉が緊張して、血管や神経を圧迫し、痛みが出やすくなるのです。昨今は節電で、空調の気温も比較的高く設定されることが多いようですが、それでもききすぎの場所が多いのです。筆者は肘を守るために夏場でも長袖や、7分袖の...

続きを読む

痛みと付き合うには

関節痛の痛みは、原因を取り除かないとおさまらないものが多くあります。治療に時間がかかるものもございます。しかし、少しの工夫次第で、生活を楽にする事が出来ます。皆様、手帳もしくはスケジュール管理ができる端末はございますか。そこに天候と、痛みが起きた時間、取った行動、その時した対処などを書きこんでいきま...

続きを読む

環境の整え方

関節痛がある方にとっては室内のものを整除して、歩行やそのほかの行動をするスペースを確保するのは大事なことです。和風の床に座る生活よりは、洋風の椅子やベッドを使う生活の方が、膝などに痛みがある方には過ごしやすい環境と言えます。筆者には、ちょっとした笑い話がありまして、お風呂に入っていて浴槽をまたごうと...

続きを読む

家族ができること

関節痛の患者様のご家族が、医療関係者だというケースはおそらく少ないでしょう。お医者様でも看護士でもない方ができることは限られています。でも、医療関係者には無い強みが皆さまにはございます。それは患者様のことを誰よりも、よく御存知だという事です。お友達でも、同僚でもそうですよ。関節痛は先に書いたとおり重...

続きを読む