サプリメントはどうだろう

日本人はアメリカ人と同じようにサプリメントが大好きです。特に変形性膝関節症にはコンドロイチンや、グルコサミンなどを医師が勧めることが多いです。

 

心因性疼痛には亜鉛などが勧められることが多いようです。筆者も、牡蠣からとったサプリメントをたまに飲んでいます。うつが原因ならばセントジョーンズワートなどが人気のようです。後はベーシックなのは補酵素であり、全身の機能を整えるビタミン剤などです。青汁も手に入れやすいお品です。

 

色々ありますが、すぐに飛びつくのは少しお待ちください。皆様はおそらくお薬を飲んでらっしゃいますよね。市販されているサプリメントの中には、薬との飲み合せが悪いものがございます。

 

きちんと医師と相談して飲むものを決めましょう。また輸入品の中にはまがい物や日本では薬剤として登録されている強い成分が含まれているものがあるという報告も上がっています。すべてがそういうものではございませんが、少しご注意なさった方がよろしいかと存じます。如何でしょうか。

 

また、サプリメントは薬ではなく食品です。病気を治す手伝いはするかもしれませんが、治すことはしてくれません。皆様が関節に負担をかける生活を改めない限り、薬を飲んでも、また病気は再発してしまうことがあります。

 

またサプリメントを飲んでいるから大丈夫だとお思いになり、受診をなさらないのは言語道断でございますよ。サプリメントは何でもできる魔法の薬ではないのですから。

サプリメント関連ページ

受診が大事
おかしいなと思ったら、整形外科などを受診なさるとよいです。
鍼灸は痛みに強い
もし主治医の方が認めてくださった場合は、鍼灸によって痛みの軽減を図ることができます。
湿布
関節痛の痛みを軽減する手法のひとつに湿布があります。
痛みどめが有効なことも
市販薬の解熱鎮痛剤も有効なこともありますが、筆者はお医者様に出していただくことをお勧めします。
サポーターの使い方
サポーターは痛みのある部位を動かさないようにしたり、冷えを防いだり、弱くなった筋肉のかわりに使う補助具です。