痛みどめが有効なことも

出来たら薬には頼りたくないという方も多いようですが、あまりに強い痛みがあるときは先に書いたとおりに、ストレスも溜まります。時にお医者様に相談して鎮痛薬を出していただいて、痛みを抑えて自分の生活を送れるようにしていくという方法もございます。 市販薬の解熱鎮痛剤も有効なこともありますが、筆者はお医者様に出していただくことをお勧めします。なぜならば、保険が有効で薬価が安くなるからです。また、市販薬には無い成分を配合しているお薬もいただけますよ。飲みあわせの問題も先生にお任せすれば安心です。 鎮痛剤の他に、漢方薬を出してくださる先生もおいでです。また、向不安薬の中には体の緊張をとってくれるものがあります。筆者は主治医である心療内科医むら先生に「先生、手首と肩が痛くてしようが無いのですけれど」と言っていつも鎮痛薬や、体の疲労をとるビタミン剤などを出していただいています。 少し考えなければいけないことは鎮痛薬はあくまでも「痛み」を抑えるためのものであって関節痛自体を改善することではありません。また、長期の連用をすると胃を痛めたりするので、専門家の意見をお聞きになって、飲み方を教わってください。 ドラックストアの市販薬でも薬剤師や登録販売者が説明をしてくださいますのでその話に耳を傾けてくださいね。また、薬には使用期限がございますので、そのこともご確認ください。上手に鎮痛薬を使って痛みを抑えながら、関節痛の治療ができると良いですね。

痛みどめが有効なことも関連ページ

受診が大事
おかしいなと思ったら、整形外科などを受診なさるとよいです。
鍼灸は痛みに強い
もし主治医の方が認めてくださった場合は、鍼灸によって痛みの軽減を図ることができます。
湿布
関節痛の痛みを軽減する手法のひとつに湿布があります。
サポーターの使い方
サポーターは痛みのある部位を動かさないようにしたり、冷えを防いだり、弱くなった筋肉のかわりに使う補助具です。
サプリメント
日本人はアメリカ人と同じようにサプリメントが大好きです。