ストレッチをしましょう

筆者の趣味のひとつには筋肉を鍛えることというものがあります。病気をしても筋肉量はほぼ、いつも男性と同クラスにするようにしています。

 

ジムなどには通わずに、仕事の合間に出来るストレッチをしています。何故筋肉にこだわるかと申しますと、筋肉が少ないと正しい姿勢が保てないのです。筆者の仕事は立ち仕事、座り仕事なので関節に負担がかかります。

 

姿勢が良くなれば、体を傷めにくくなると言われています。また、基礎代謝量があがるので肥満になりにくくなります。アクティブレストという考えもあり、これは体を動かすことで疲れが取れるというものです。今現在痛みがある方は医師の指導が必要ですが、簡単にできる物をご紹介しましょう。

 

先ず頭の上に本を乗せて歩く。落とさないようにするためには、全身の筋肉を使って体を支えなければなりません。姿勢も良くなります。この手法は座っている状態でも可能です。今も実は頭の上に古今和歌集が乗っています。こうするだけでも仕事中の姿勢が良くなるのです。まあ、オフィスでやったら顰蹙を買いますので、皆様はご自宅で行なうことをお勧めします。

 

筆者の鞄は、相当重いです。いつも3冊ぐらい本がはいっているうえに、他のものもつまっているので、男性でも根をあげる重さです。図書館の本6冊がこれに加わることもあります。

 

関節に負担がかからないデザインのものを選んで、右、左に振り分けて運んでいます。電車でも座りません。こういう風に幾らでも筋肉をつける方法はあります。ただ、きたえすぎて、ジーンズのふくろはぎとカットソーの二の腕が、きつくなってしまったので皆様はほどほどになさってくださいね。

ストレッチをしましょう関連ページ

仕事のし過ぎは体の毒
立ち仕事に座り仕事、私たちの生活は日々関節への負担がかかる作業が続きます。
心、元気ですか
関節痛は進むと生活に支障が出る痛みです。動けないから、気持ちが沈み込んでしまうようです。
心因性疼痛
関節の痛みは、心が原因で起こる事がございます。心因性疼痛と呼ばれるものです。
うつが隠れている
その名は仮面うつ病。身体症状が出て、体がだるかったり痛かったりしても、どこにも異常がないという病気です。
ストレス食い
肥満があると、膝や腰、関節の痛みが強くなるので、食べ過ぎは良くありません。